Home > MAD動画 | 独り言 | 誇り有る日本 > 日本人の魂と誇り

売国法案・条約等 断固反対 !!

日本を崩壊に導く、各売国法案・条例・条約等は断固反対します !!

皇室典範改正(女系宮家創設)・人権擁護法案(人権侵害救済法案)・外国人参政権
二重国籍法案外国人住民基本法案選択的夫婦別氏制度TPP日韓EPA日韓中FTA
通名制度(事実上の在日特権)1000万人の移民受け入れ
新型インフルエンザ対策特別措置法案(新型インフル法案)・ACTA


「非韓三原則」を強く推奨します !!

『助けない、教えない、関わらない』
という3カ条で、韓国の甘えを断ち切り
バランサーが夢であることを自覚させることから始めたい。
経済で困っても助けない、企画や技術を教えない
歴史問題などで絡んできても関わらない。
これが日本にはなかなかできない。
努力が必要である。(筑波大学大学院・古田博司教授)


祝日には、ブログ、SNS、ツイッター、Facebook等にもを掲げましょう!
本年は、皇紀2674年になります。(西暦+660が皇紀です)


当blogでは、動画の紹介などにJavascriptを使用しています。
出来れば「一時的にでも許可」にしてご覧下さい。

日本人の魂と誇り

昨今特定アジア3ヶ国が本当にウザイ。
特に朝鮮半島関係者。
日本人は敗戦後、長い眠りについてしまっていた。

YouTube Preview Image【MAD】日本人の魂と誇り
youtube元ネタ@suidajapan氏

しかし既に呪縛が解け、目覚め始めた日本人が多くなってきている。
既に何度も書いて指にタコが出来るほどだが、ココに再び書いておく。
と言うか、理解するまで何度でも書いてやろう。

在日を含めた半島人種達、おまえさん達は自立の出来ない隷属種族だ。
主人の命令がなければまともな事は何一つ出来ない。
現状の姿を客観的に見てみろ。

とてもじゃないが韓国は先進国とは言い難い状況だし
在日は我が国における最大の癌でありダニである。
我が国に貢献する事は何一つ無く、巨額の血税をすすっている。

アジア開放の大東亜戦争も率先して参加する事は無く
我が国の敗北が決定した途端、戦勝国だと言い出した。
おまえさん達の頭の中身は本当に大丈夫か?

国家ですらないのに何故戦勝国になるんだ?
大東亜戦争前後での我が国最大の過ちは、おまえさん達を構った事につきる。
支那であれソ連であれ、勝手に隷属させておくべきだったのだ。

支那の方が脳みその具合は余程まともだと言える。
我が国は支那にもソ連にも戦争で勝っている国なのだ。
だからこそおまえさん達は日本人に成りたがったし、日本名も欲しがった。

支那に何故嫌われているかよく考えてみると良い。
日本の力を笠に着て、支那人に暴虐の限りを尽くしたからだろう?
高麗棒子」とその子孫の諸君、我が国にはおまえさん達が居ても良い場所など無い。

速やかに敬愛する母国に帰れ。
我が国は誇りある日本人の物だ。
天皇陛下を象徴・元首としていただき、日の丸・君が代を大切に思う者しか居てはいけない。

貧困なボキャブラリーを突っ込まれると、すぐファビョるのはもう見飽きた。
韓流やK-POPが嘘っぱちのブームだった事ももうバレてしまった。
マスコミや国の中枢に入り込んでいるダニも遠からず駆除される。

大和魂に目覚めた日本人を何時までも舐めていると
いずれ本気で泣く事になるぞ?


事実拡散の為、また私自身の気合い充填の為
お帰りの際は是非、1ポチお願い致します。

 ブログランキング・にほんブログ村へ




Home > MAD動画 | 独り言 | 誇り有る日本 > 日本人の魂と誇り

多謝!台灣

ありがとう台灣・日台友好

我が国の国歌「君が代」

Audio clip: Adobe Flash Player (version 9 or above) is required to play this audio clip. Download the latest version here. You also need to have JavaScript enabled in your browser.

Follow Me

◆Twilog◆

blogランキング(事実拡散のためにどれか1ポチお願いします)

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
にほんブログ村 政治ブログ 議員応援・議員批判へ
にほんブログ村 ニュースブログへ
にほんブログ村 ニュースブログ ニュース批評へ
タグクラウド
日本を守ろう !!
フィード
フィードメーター
フィードメーター - 日本の未来を考えてみよう
track feed 日本の未来を考えてみよう

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

The Interviews

Return to page top

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。