ホーム > タグ > 日本

売国法案・条約等 断固反対 !!

日本を崩壊に導く、各売国法案・条例・条約等は断固反対します !!

皇室典範改正(女系宮家創設)・人権擁護法案(人権侵害救済法案)・外国人参政権
二重国籍法案外国人住民基本法案選択的夫婦別氏制度TPP日韓EPA日韓中FTA
通名制度(事実上の在日特権)1000万人の移民受け入れ
新型インフルエンザ対策特別措置法案(新型インフル法案)
秘密保全法ACTA


「非韓三原則」を強く推奨します !!

『助けない、教えない、関わらない』
という3カ条で、韓国の甘えを断ち切り
バランサーが夢であることを自覚させることから始めたい。
経済で困っても助けない、企画や技術を教えない
歴史問題などで絡んできても関わらない。
これが日本にはなかなかできない。
努力が必要である。(筑波大学大学院・古田博司教授)


祝日には、ブログ、SNS、ツイッター、Facebook等にもを掲げましょう!
本年は、皇紀2674年になります。(西暦+660が皇紀です)


当blogでは、動画の紹介などにJavascriptを使用しています。
出来れば「一時的にでも許可」にしてご覧下さい。

日本

8月、夏の敗戦

気が付くともういつのまにか8月になっている。
8月と言えば15日、「終戦記念日」と言う名の「敗戦の日」が来る。
そして、忘れられない国会中継が1つ。

YouTube Preview Image2010/08/02 衆院予算委・石破茂 1/6
youtube元ネタ@kusooyajisan氏

自由民主党の石破茂衆議は、2010年8月2日の衆議院予算委員会で
猪瀬直樹 著「昭和16年夏の敗戦」を教材にシビリアンコントロールの重要性を説いている。
時の首相、スッカラ菅は何の事やらさっぱり解っていなかったようだが。

十六年夏、彼らが到達した彼らの内閣の結論は次のようなものだったからである。

十二月中旬、奇襲作戦を敢行し、成功しても緒戦の勝利は見込まれるが
しかし、物量において劣勢な日本の勝機はない。
戦争は長期戦になり、終局ソ連参戦を迎え、日本は敗れる。
だから日米開戦は何としてでも避けねばならない。

『昭和16年夏の敗戦』 ~第二章 イカロスたちの夏~

大東亜戦争開戦前、「もしも米国と戦ったらどうなるか」というシミュレーションが行われた。
結果はいくら熟考を重ねても敗戦で終わる。
にもかかわらず、何故我が国は戦争へ突入し、原爆投下などのイレギュラー以外はシミュレーション通りに終わっていったのか。
石破衆議は「文民統制」の教科書に使ったが、決してそれだけの内容では無く、一読の価値がある本だと思う。

昭和16年夏の敗戦 (中公文庫)

書籍名:昭和16年夏の敗戦
著作者 : 猪瀬直樹 氏
レーベル : 中公文庫


因みに「大東亜戦争」という言い方は、連合国側には認められていない。
若い方には知らない方もいるかと思うので敢えて書いて置くが、彼らの付けた名前は「太平洋戦争」である。
GHQによる占領政策時、あらゆる出版物が検閲を受け、「大東亜戦争」は「太平洋戦争」に書き換えられた。
私達が「大東亜戦争」と言う名前に拘るのも、こういう理由があるからだ。

戦わざれば亡国必至、戦うもまた亡国を免れぬとすれば
戦わずして亡国にゆだねるは身も心も民族永遠の亡国であるが
戦って護国の精神に徹するならば、たとい戦い勝たずとも祖国護持の精神が残り
われらの子孫はかならず再起三起するであろう。

昭和16年(1941年)9月6日の御前会議における永野修身海軍軍司令部総長の言葉


私達今を生きる日本人は、靖国に眠る英霊に感謝の気持ちを忘れてはならない。
英霊となられた皆さんのお陰様をもって、生きていられることを忘れてはならない。

YouTube Preview Image金美齢女士 於 靖国神社
youtube元ネタ@FUMIBO2氏

後に残る我々のために、決死の覚悟を持って戦って下さったのである。
その英霊の皆様に、感謝を捧げに行くことの何処に問題があるのか。
「about me」の中でも書いているが、閣僚とて1人の日本人に過ぎない。
特亜のバカ共が何を言おうと、毅然とした態度を持って靖国に参拝すべきである。
日本を思う日本人ならば、それはもはや義務に等しいのだから。


事実拡散の為、また私自身の気合い充填の為
お帰りの際は是非、1ポチお願い致します。

 ブログランキング・にほんブログ村へ






日の丸の消えたロケット

先日打ち上げに成功した日本の地球観測衛星「しずく」と、韓国の多目的観測衛星「アリラン3号」だが
韓国メディアの動画からは、よく見ていると分かるのだが「日の丸」と「Nippon」の文字が消されている。

衛星本体はメインがフランス製、打ち上げロケットは日本製なのに
韓国製の衛星を、韓国のロケットで打ち上げたかのような報道内容である。

YouTube Preview ImageLaunch of Korea’s Arirang-3 [Korea Today]
youtube元ネタ@arirangtoday氏



JAXAが何故韓国の衛星打ち上げを受注しなければならなくなったのか。
バカな民主党がやらかした、意味不明な事業仕分けにその一因があると思う。
本来削るべきを削らず、増やすべきは据え置き or 削減。
この事業仕分けとやら、いったい何がしたかったのか意味が分からない。

それにしても韓国、そこまで悔しいのかね?
よそのニュースでは「衛星先進国」なる妙な発言も有ったが、意味が分からない。
打ち上げられもせず、よその国に殆ど作ってもらって先進国?

というか、先進国なら何故 A-train には参加しない訳?
今回一緒に打ち上げた我が国の「しずく」は参加する予定なんだけどね。(苦笑)

バ韓国の頭の構造は、不思議で一杯。
まさにウリナラファンタジーだね。


事実拡散の為、また私自身の気合い充填の為
お帰りの際は是非、1ポチお願い致します。

 ブログランキング・にほんブログ村へ


日本人の魂と誇り

昨今特定アジア3ヶ国が本当にウザイ。
特に朝鮮半島関係者。
日本人は敗戦後、長い眠りについてしまっていた。

YouTube Preview Image【MAD】日本人の魂と誇り
youtube元ネタ@suidajapan氏

しかし既に呪縛が解け、目覚め始めた日本人が多くなってきている。
既に何度も書いて指にタコが出来るほどだが、ココに再び書いておく。
と言うか、理解するまで何度でも書いてやろう。

在日を含めた半島人種達、おまえさん達は自立の出来ない隷属種族だ。
主人の命令がなければまともな事は何一つ出来ない。
現状の姿を客観的に見てみろ。

とてもじゃないが韓国は先進国とは言い難い状況だし
在日は我が国における最大の癌でありダニである。
我が国に貢献する事は何一つ無く、巨額の血税をすすっている。

アジア開放の大東亜戦争も率先して参加する事は無く
我が国の敗北が決定した途端、戦勝国だと言い出した。
おまえさん達の頭の中身は本当に大丈夫か?

国家ですらないのに何故戦勝国になるんだ?
大東亜戦争前後での我が国最大の過ちは、おまえさん達を構った事につきる。
支那であれソ連であれ、勝手に隷属させておくべきだったのだ。

支那の方が脳みその具合は余程まともだと言える。
我が国は支那にもソ連にも戦争で勝っている国なのだ。
だからこそおまえさん達は日本人に成りたがったし、日本名も欲しがった。

支那に何故嫌われているかよく考えてみると良い。
日本の力を笠に着て、支那人に暴虐の限りを尽くしたからだろう?
高麗棒子」とその子孫の諸君、我が国にはおまえさん達が居ても良い場所など無い。

速やかに敬愛する母国に帰れ。
我が国は誇りある日本人の物だ。
天皇陛下を象徴・元首としていただき、日の丸・君が代を大切に思う者しか居てはいけない。

貧困なボキャブラリーを突っ込まれると、すぐファビョるのはもう見飽きた。
韓流やK-POPが嘘っぱちのブームだった事ももうバレてしまった。
マスコミや国の中枢に入り込んでいるダニも遠からず駆除される。

大和魂に目覚めた日本人を何時までも舐めていると
いずれ本気で泣く事になるぞ?


事実拡散の為、また私自身の気合い充填の為
お帰りの際は是非、1ポチお願い致します。

 ブログランキング・にほんブログ村へ



1 / 512345

Home > タグ > 日本

多謝!台灣

ありがとう台灣・日台友好

我が国の国歌「君が代」

Audio clip: Adobe Flash Player (version 9 or above) is required to play this audio clip. Download the latest version here. You also need to have JavaScript enabled in your browser.

Follow Me

◆Twilog◆

blogランキング(事実拡散のためにどれか1ポチお願いします)

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
にほんブログ村 政治ブログ 議員応援・議員批判へ
にほんブログ村 ニュースブログへ
にほんブログ村 ニュースブログ ニュース批評へ
タグクラウド
日本を守ろう !!
フィード
フィードメーター
フィードメーター - 日本の未来を考えてみよう
track feed 日本の未来を考えてみよう

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

The Interviews

Return to page top

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。